ビーグレンCセラムの成分とは|ピュアビタミンCなど

ビーグレンの人気美容液はビタミンC美容液のCセラム。

CセラムはピュアビタミンCが入ってる美容液として注目されてます。

ビーグレンはビタミンC美容液なのでピュアビタミンCがメインで入ってますが、ピュアビタミンC以外の成分は何が入ってるのかも気になります。そこで、ビーグレンCセラムの成分を調べてみました。

ビーグレンCセラムの成分とは

ビーグレンCセラムの成分をビーグレン公式サイトで調べてみました。すると、ビーグレンCセラムには次の成分が入ってることが分かりました。

【ビーグレンCセラムの成分】

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

ビーグレンCセラムの成分を調べてみると、Cセラムには6種類の成分しか入ってませんでした。ビーグレンCセラムはビタミンC美容液なので、配合されてる成分の種類も少ないのでしょうね。

ピュアビタミンC|アスコルビン酸

ビーグレンCセラムに配合されてるピュアビタミンCはアスコルビン酸のこと。

アスコルビン酸は肌への即効性がある成分なのだそうです。速効性があるので化粧品に適した成分なのですが、アスコルビン酸は特質上化粧品に配合しにくい成分でした。

肌にいいけど化粧品に配合しにくい成分のアスコルビン酸。このアスコルビン酸の特質をそのままに化粧品に配合する問題をビーグレンは国際特許QuSomeの技術で解決しました。

ビーグレンはCセラムに浸透技術QuSomeを採用。QuSomeはカプセル状なのですが、カプセル状のQuSomeにピュアビタミンC(アスコルビン酸)を入れることによって、ピュアビタミンCの特性をそのまま角質層の奥深くまで届けることが可能になりました。

≪ピュアビタミンCの特性≫

  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成作用
  • 皮脂分泌抑制作用
  • など…

ビタミンCにはさまざまな特性があるので、美肌のビタミンと言われてます。抗酸化作用があるので、くすみ・シミにいいといわてますし、コラーゲン生成作用はハリ・皮脂分泌抑制作用はテカリべたつい対策にいいといわれてます。

このように、ビタミンCにはいろんな美肌作用があるので、ピュアビタミンCが角層の奥深くまで浸透するビーグレンCセラムはとても美肌作用が期待できるのでしょうね。

ちなみに、ビタミンCセラムはビーグレンのラインナップの中で一番人気がある化粧品です。ビーグレンはどの化粧品も人気がありますが、とくに人気なのがCセラムなのです。

ビタミンC美容液はたくさんありますが、国際特許QuSomeを採用してるビタミンC美容液はCセラムだけ。そういったことから、ビタミンC美容液が気になるときはビーグレンCセラムをお試ししてみてくださいね。

ビーグレンCセラムお試しトライアル