≪ビーグレンで攻める!≫

・国際特許の浸透技術QuSome
ビーグレンは攻めのスキンケア
・とくに、Cセラムがおすすめ♪

 

ビーグレンCセラムの成分|ピュアビタミンCなど

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液。

ビーグレンCセラムにはピュアビタミンCがメインで入っています。

ビタミンCは美肌のビタミンといわれていますね。

ピュアビタミンCは美肌にとてもいい成分です。

ところで、ビーグレンCセラムには、ピュアビタミンC以外の成分は何が入ってるのでしょうか?

そこで、ビーグレンCセラムの成分を調べてみました。

《公式限定プレゼント》

ニキビケア ニキビ跡ケア 毛穴ケア ホワイトケア
くり返すニキビにおすすめ 気になるニキ跡におすすめ 毛穴の汚れ・開きにおすすめ シミ・くすみが気になる方に
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

保湿トライアルセットはこちら

ビーグレンCセラムの成分とは

ビーグレンCセラムの成分をビーグレン公式サイトで調べてみました。

すると、ビーグレンCセラムには次の成分が入っていることが分かりました。

≪ビーグレンCセラムの成分≫

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

ビーグレンCセラムの成分には「6種類の成分」しか入ってませんでした。

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液。

ビタミンC美容液はビタミンCがメインの美容液ですので、ビーグレンCセラムに成分も種類が少ないのかなと思いました。

↓Cセラムの販売店

ビーグレンCセラム販売店|薬局ドラッグストア取扱店舗市販情報

ピュアビタミンC|アスコルビン酸

ビーグレンCセラムの成分は少ないですが、いろいろな肌トラブルに活躍するのがCセラムです。

ではここから、ビーグレンCセラムの「ピュアビタミンC」についてみていきましょう。

ピュアビタミンCとは

ビーグレンCセラムの成分「ピュアビタミンCはアスコルビン酸」のことだそうです。

ビーグレンはアスコルビン酸を肌への即効性がある成分と説明しています。

速効性のあるピュアビタミンCを配合しているので、ビーグレンCセラムは毛穴や美肌にいいのでしょうね。

ビーグレンの浸透技術

アスコルビン酸は速効性があるので化粧品に適した成分ですが、アスコルビン酸は特質上、化粧品に配合しにくい成分なおだそうです。

肌にいいけど化粧品に配合しにくい成分のアスコルビン酸。

化粧品に配合しにくいアスコルビン酸を、ビーグレンは国際特許の浸透技術QuSomeを用いてCセラムに配合しました。

ビーグレンは、ピュアビタミンCを浸透技術QuSomeに包み込むことにより、安定して化粧品に配合することに成功。

QuSomeはカプセル状の成分ですが、カプセル状のQuSomeにピュアビタミンC(アスコルビン酸)が入ります。

カプセルの中にピュアビタミンCが入ることにより、ピュアビタミンCの性質そのままに、角質層の奥深くまで届けることが可能になりました。

ピュアビタミンCの特性

≪ピュアビタミンCの特性≫

  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成作用
  • 皮脂分泌抑制作用
  • など…

さまざまな特性があるビタミンCは美肌のビタミンといわれています。

ビタミンCの抗酸化作用はくすみシミにいい働きをします。

コラーゲン生成作用はハリ、皮脂分泌抑制作用はテカリべたつき対策に活躍します。

このように、いろいろな美肌作用があるのがビタミンC。

ですので、ピュアビタミンCが角層の奥深くまで浸透するビーグレンCセラムは、とても美肌作用が期待できるのでしょうね。

↓ビーグレン店舗情報

ビーグレン店舗東京※大阪・名古屋・福岡・横浜|デパートにあるの?

ビーグレンCセラムは大人気

ビーグレンCセラムは、ビーグレン公式サイトのランキングで常に人気No.1の人気化粧品。

ビーグレンはどの化粧品も人気がありますが、人気No.1なのがCセラムなのです。

でも、最近は洗顔料クレイウォッシュが人気1位になることもあります。

ビタミンC美容液はたくさんありますが、国際特許QuSomeを採用してるビタミンC美容液はCセラムだけ

  • ビタミンC美容液選びに迷う
  • 一番効きそうなビタミンC美容液を使いたい

このようにお悩みの方にはビタミンC美容液ビーグレンCセラムが一番おすすめです。

ビーグレンCセラムは高いですが、お得なお試しトライアルセットはもありますよ。

ビーグレンCセラムが気になるときは、トライアルセットからお試ししてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓

Cセラムのトライアルセットはこちら

↓おすすめ記事

ビーグレンCセラム高いけどおすすめ!単品使い・ニキビ跡・毛穴