ビーグレンCセラムの成分とは|ピュアビタミンCなど

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液。

なので、ビーグレンCセラムにはピュアビタミンCがメインで入ってます。

ビタミンCは美肌のビタミンといわれてるので、ピュアビタミンCは美肌にとてもいい成分です。

ところで、Cセラムには、ピュアビタミンC以外の成分は何が入ってるのでしょうか?

そこで、ビーグレンCセラムの成分を調べてみました。

↓ビーグレンで人気のお試しセット

ニキビケア ニキビ跡ケア 毛穴ケア ホワイトケア
くり返すニキビにおすすめ 気になるニキ跡におすすめ 毛穴の汚れ・開きにおすすめ シミ・くすみが気になる方に
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ビーグレンCセラムの成分とは

ビーグレンCセラムの成分をビーグレン公式サイトで調べてみました。

すると、ビーグレンCセラムには次の成分が入ってることが分かりました。

≪ビーグレンCセラムの成分≫

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

ビーグレンCセラムの成分には、6種類の成分しか入ってませんでした。

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液。

ビタミンC美容液はビタミンCがメインの美容液なので、Cセラムに配合されてる成分は種類が少ないのかなと思いました。

↓Cセラムの販売店はこちら

ビーグレンCセラム販売店|薬局ドラッグストア取扱店舗市販情報

ピュアビタミンC|アスコルビン酸

ビーグレンCセラムの成分は少ないですが、いろいろな肌トラブルに活躍するのがCセラムです。

では、ここからは、ビーグレンCセラムのピュアビタミンCについてみていきましょう。

ピュアビタミンCとは

ビーグレンCセラムの成分ピュアビタミンCはアスコルビン酸のことだそうです。

ビーグレンによると、アスコルビン酸は肌への即効性がある成分ということです。

速効性のあるピュアビタミンCを配合してるので、ビーグレンCセラムは美肌にいいのでしょうね。

ビーグレンの浸透技術

アスコルビン酸は速効性があるので化粧品に適した成分。

ですが、アスコルビン酸は特質上、化粧品に配合しにくい成分でした。

肌にいいけど化粧品に配合しにくい成分のアスコルビン酸。

化粧品に配合しにくいアスコルビン酸を、ビーグレンは国際特許の浸透技術QuSomeを用いてCセラムに配合したそうです。

ビーグレンは、ピュアビタミンCを浸透技術QuSomeに包み込むことにより、安定して化粧品に配合することに成功しました。

QuSomeはカプセル状ですが、カプセル状のQuSomeにピュアビタミンC(アスコルビン酸)が入ってます。

カプセルの中にピュアビタミンCが入ることによって、ピュアビタミンCの性質そのままに、角質層の奥深くまで届けることが可能になりました。

ピュアビタミンCの特性

≪ピュアビタミンCの特性≫

  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成作用
  • 皮脂分泌抑制作用
  • など…

ビタミンCにはさまざまな特性があるので、美肌のビタミンといわれてます。

ビタミンCの抗酸化作用は、くすみ・シミにいいといわれてます。

コラーゲン生成作用はハリ、皮脂分泌抑制作用はテカリべたつい対策にいいといわれてます。

このように、ビタミンCにはいろんな美肌作用があります。

なので、ピュアビタミンCが角層の奥深くまで浸透するビーグレンCセラムは、とても美肌作用が期待できるのでしょうね。

ちなみに、ビーグレンCセラムは、ビーグレンのラインナップで常に人気No.1の化粧品。

ビーグレンはどの化粧品も人気がありますが、人気No.1なのがCセラムなのです。

ビタミンC美容液はたくさんありますが、国際特許QuSomeを採用してるビタミンC美容液はCセラムだけ

そういったことから、ビタミンC美容液はビーグレンCセラムが一番おすすめです。

ビーグレンCセラムは高いですが、お試しトライアルセットもあります。

ビーグレンCセラムが気になるときは、トライアルセットからお試ししてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓

Cセラムのトライアルセットはこちら

↓おすすめ記事

ビーグレンCセラム高いけどおすすめ!単品使い・ニキビ跡・毛穴